イケてるお気に入り雑貨の情報サイト
イケてるお気に入り雑貨の情報サイト

買い物に新しい価値を付与する大原孝治のドンキホーテ

ドンキホーテの社長を務める大原孝治氏は、数年前から頻繁に、日本経済は内需の落ち込みが課題だとマスコミを中心に発信しているのを耳にするようになりました。確かに少子高齢化が進んでいますし、昔のように賃金が劇的にアップすることは見込めないため、節約を心掛けている人が増えています。しかし、家計を引き締めようと考える人の多くが、特別な時にはお金を惜しみなく使うことが大事だとしている面もあります。つまり、魅力的な商品を適正価格で提供すれば、それだけ多くの需要が見込めるといえます。
大原孝治氏は小売業を営む立場として、消費者が欲しいと感じるものを提供できるようにすることは当然だと考えています。そしてこれからはそれだけでなく、買い物が楽しいと喜んでもらえるような環境を整えることも小売業の役目だと確信をしています。

いわゆる総合スーパーの売り上げが下がってきている一方で、外資系のスーパーが売り上げを伸ばしているのは、数字にはっきりと表れています。お客様はとてもありがたい一方で、とてもシビアな目を持っていますから、選択してもらえるような環境作りをしていかなければなりません。
大原孝治氏が率いるドンキホーテは、品揃えと価格に大きな自信を持っていますが、最近ではそこにサービスも追加するようになりました。電子マネーの導入はお客さまによりお得に買い物を楽しんでもらうことが目的ですし、人気商品をわかりやすい場所に陳列することも手に取りやすくするための工夫の1つです。